ISO導入と運用・統合にあたっての質問・疑問とその回答

【運用編】

Q1. 認証を取得できても、マネジメントシステムの目標値が達成できない場合には、認証を返却しなければ ならないと聞いているため躊躇している。

Q2. 認証を取得しても、「システムの運用・維持を仕事と別に行わなければならないので大変だ」との話も 聞いており、取得後のことを心配している。

Q3. ISO14001認証取得後、自主的に環境改善をしていくことになるが、毎年、環境対策として設備の新設や 改造に多額の費用が掛かりそうで、心配している。

Q4. ISO9001やISO14001認証を取得して以降、マネジメントシステムの社内への浸透や活用に苦慮している (従業員各人の意識が低い、内部監査があまり機能していない、ISO活動を本業に落とし込むことができな い等)

Q5. ISO9001とISO14001等、複数の認証を取得しているが、各々のマネジメントシステムを個別に運用して おり、重複する記録も多く非効率に感じている。また内部監査や審査も負担である。


【導入編】

Q1. 法律で決められてもいないISOの認証を取得しても、それだけの値打ちがあるのか?

Q2. 種々の事情から工場全部でなく、一部の製造部門だけでISOを取りたいが、可能か?

Q3. 会社の組織がしっかりしていなので、まず組織をきちんとしてから導入する事を考えている。

Q4. ISO9001もISO14001もこれから取得しなければならないと思っているが、どちらを先に取るのが良いか 迷っている。

Q5.
法令等で定められたことはきちんと守っているし、環境への貢献をいうほどの規模の会社でもないので 、認証取得は必要ないと思っている。

Q6.
認証取得に当って、環境法規制は守っていても、多額の費用がかかる公害防止設備等を整備しなければ ならないと聞いているので、取組むのを躊躇している。

Q7.
認証を取得するためには、膨大なボリュームの文書類を作らなければならないと聞いているが、到底そ んなに沢山の書類は作れないし、運用も難しいので認証取得は困難と思っている。

Q8.
SOの知識がある適任者がいないので、具体的に進めることができなく悩んでいる。

Q9.
社員だけで認証取得をするには難しそうだが、コンサルタントを頼むと費用が高そうなので、二の足を 踏んでいる。

Q10.
コンサルタントを頼みたいが、どのようにコンサルタントを選べばよいのか分からない。



【運用編】

Q1. 認証を取得できても、マネジメントシステムの目標値が達成できない場合には、認証を返却しなければ ならないと聞いているため躊躇している。

IISO9001や14001等は目標値の達成を義務付けてはいません。必要なのは目標管理が出来る体制をつくり運 用していることです。従って、目標未達でも、その過程で原因を追求し、目標達成への取組みがなされて いれば、認証が取り消されることはありません。

上へ


Q2. 認証を取得しても、「システムの運用・維持を仕事と別に行わなければならないので大変だ」との話も聞いており、取得後のことを心配している。

このような運用状況は、会社の経営課題とかけ離れて形式的にマネジメントシステムを構築した組織でよく見られます。認証取得後のシステムの運用が重荷にならないためには、会社の経営課題の解決に取組めるようなシステムの導入が重要です。そのためには、私たちコンサルタントの資質が問われるのです。

上へ


Q3. ISO14001認証取得後、自主的に環境改善をしていくことになるが、毎年、環境対策として設備の新設や改造に多額の費用が掛かりそうで、心配している。

認証取得後の環境への取組みは、企業の体力に応じて行うことが大切です。経営状態の良くない企業や中小企業では、費用の掛かる設備の改良でなく設備の運用で対応するといった方法を選択することが出来ます。
このように、企業の状況に応じた無理のない取組みができますので、ISO14001は、どのような企業にも導入できるシステムです。

上へ


Q4. ISO9001やISO14001認証を取得して以降、マネジメントシステムの社内への浸透や活用に苦慮している(従業員各人の意識が低い、内部監査があまり機能していない、ISO活動を本業に落とし込むことができない等)。

※コラム『ISOマネジメントシステムを組織に浸透させる方法』を参照ください。

上へ


Q5. ISO9001とISO14001等、複数の認証を取得しているが、各々のマネジメントシステムを個別に運用しており、重複する記録も多く非効率に感じている。また内部監査や審査も負担である。

※コラム『システムの統合化に本気で取り組む−総合マネジメントシステム』を参照ください。

上へ


【導入編】


Q1. 法律で決められてもいないISOの認証を取得しても、それだけの値打ちがあるのか?

認証取得のメリット(や目的)を企業のトップが理解した上でISOの認証取得に取組まなければなりません。目的が不明確なまま取組むことは、ISOを形だけの役に立たないものとする可能性があります。明確な目標を持って取組むことによって、投資に見合う十分な成果も得られるのです。
当社は、経営トップのこのような疑問や相談にも応じています。

上へ


Q2. 種々の事情から工場全部でなく、一部の製造部門だけでISOを取りたいが、可能か?

ISOの認証取得は、会社や工場単位でなくても、独立して管理機能を持つ組織であれば、事業所の一部門でも認証取得は可能です。認証範囲についても、当社にご相談下さい。

上へ


Q3. 会社の組織がしっかりしていなので、まず組織をきちんとしてから導入する事を考えている。

システム構築の初期の段階で、導入企業の問題点を洗い出し、これを基にシステムの構築を進めていきます。従って、導入に取組む前に組織を改善しても、再度構築の過程で組織を見直すことになるので、二重手間になります。導入を進めていく中で、組織を整えるのが正しいやり方です。
当社はそのような組織の整備もお手伝いしています。

上へ


Q4. ISO9001もISO14001もこれから取得しなければならないと思っているが、どちらを先に取るのが良いか迷っている。

ISO9001は、取引先等の外部からの圧力で認証取得に取組むことが多いようです。
これに対しISO14001は、環境上の事故や公害の予防、製品の環境負荷の低減、経営システムの改善につながるため、自らの経営改善のために取組む企業も多いのです。
特に中小企業や環境上の問題が経営に大きく影響を与える業種(廃棄物処理等環境関連事業)では、ISO14001の取得は最優先項目です。

上へ


Q5.
法令等で定められたことはきちんと守っているし、環境への貢献をいうほどの規模の会社でもないので、認証取得は必要ないと思っている。

ISO14001は環境貢献だけが目的ではありません。近年、公害や環境上の事故の補償や製品の環境負荷の高さ等が企業の繁栄に大きく影響を与えるようになってきました。そのため、ISO14001を導入して、環境面上の問題解決に取組むことが、今、企業に強く求められています。

上へ


Q6.
認証取得に当って、環境法規制は守っていても、多額の費用がかかる公害防止設備等を整備しなければならないと聞いているので、取組むのを躊躇している。

認証取得の条件は、環境法規制を守っていることです。それ以上の設備の整備は要求していません。企業によっては、認証取得に取組む前に環境関連設備の新設、更新、改修を行うこともありますが、それらはあくまで企業の自主的な環境活動の一環として行われているものです。

上へ


Q7.
認証を取得するためには、膨大なボリュームの文書類を作らなければならないと聞いているが、到底そんなに沢山の書類は作れないし、運用も難しいので認証取得は困難と思っている。

規格は、膨大な文書の作成を要求していません。本当に必要な文書だけを作成して経営的にメリットのあるシステムとして運用していくことが必要です。
良いコンサルタントの指導を得て、要領よく環境マネジメントシステムを構築すれば、簡潔で使いやすい文書が作成できます。経験不足の者が多くの文書や使いにくい文書の作成を指導しているケースもありますので、コンサルタントの選定もポイントの一つです。

上へ


Q8.
ISOの知識がある適任者がいないので、具体的に進めることができなく悩んでいる。

ゼロから従業員が独力で認証取得に取組むのは、効率的でなく、失敗の可能性も高くなります。経験豊富なISOのコンサルタントの指導を受けながら認証取得に取組むことをお勧めします。
 また、コンサルタントの指導を受けながら認証取得に取組むことによって、ISO推進責任者としてばかりでなく、リーダ・シップに優れた管理者としての養成も期待できます。

上へ


Q9.
社員だけで認証取得をするには難しそうだが、コンサルタントを頼むと費用が高そうなので、二の足を踏んでいる。

全てをコンサルタントまかせにせず、自分たちが積極的に参加して認証取得に取組むことをお勧めします。ポイントとなる部分や必要とする部分だけコンサルタントに指導してもらえば費用も少なくて済みます。また、自治体や商工会議所などの補助制度が利用できることもありますので、当社までご相談下さい。

上へ


Q10.
コンサルタントを頼みたいが、どのようにコンサルタントを選べばよいのか分からない。

コンサルティングや審査・教育の実績及び主任審査員の資格を持っているかどうか等が主要な判断基準です。一般に上位の資格を持っているコンサルタントは、豊富な指導実績や認証審査の経験も豊富であるため、安心して相談できます。また、公的機関の認証取得支援事業で、指導をしているコンサルタントも、まず信用できると考えて良いでしょう。
当社は、上記のいずれにも対応しているコンサルタントです。

上へ

ホーム