環境マネジメントシステム(EMS)規格ISO14001とは
認証取得のメリット
重要な経営者の関与
認証取得の課題
認証取得の現状
認証取得のしくみ



環境マネジメントシステム(EMS)規格ISO14001とは

EMS規格ISO14001は、企業が持続可能な社会の中で生き残っていくために必要な経営システムの一つとして経済界からの要請によって作られたものです。
この規格は、個々の企業が持っている環境上の重要課題を「計画(Plan)→実行(Do)→確認(Check)→修正(Action)」のサイクルで改善していくためのしくみの構築と運用について定めています(図1)。 この取組みによって、環境貢献だけではなく、下記のように環境上の事故による負債の回避や製品の改善、省資源による利益の向上など、企業が抱かえている様々な経営課題を改善することが可能なシステムなのです。

上へ

認証取得のメリット

EMSを導入(認証取得)することによって、次のようなメリットを得ることが期待できますが、そのためには明確な目的を持ってEMSを導入することが重要です。
@ 経営体質の強化
A
環境リスクの低減
B 法規制の順守
C 急速に変動する経営課題への対応
D 製品開発や原価低減への活用
E 顧客の取引き条件に合致
F 許認可や資金調達が容易
G 社会的信頼度やブランドイメージの向上
H 人材育成や従業員の意識(モチベーション)の向上
特に中小企業では、企業の体質を強化し、競争力を向上させることが導入の大きな目的の一つになっています。

上へ

重要な経営者の関与

この規格は、トップダウンのシステムであり、経営者の関与がポイントです。しかし、日本の経営者は、ボトムアップに馴れており、従業員にすべてを任せているケースが多いようです。
経営者の関与の不足は、市場競争力の向上のような本質的な課題から離れ、照明用電力の節減や事務所ごみの分別など、従来の取組みと変わらない安易な道へとEMSを導く恐れがあります。EMSを経営目的と融合させるためには、経営者の積極的な関与が不可欠なのです。

上へ

認証取得の課題

最近、EMSが有効に活用されていないケースがよく見受けられます。その背景には、他社のマニュアルや手順をそのまま使用する、システムに関する理解がされていないといった状況があります。企業はそれぞれ独自の文化を持っており、企業に合ったシステムの構築が重要です。
規格の大きな目的の一つは、環境上の事故、公害の発生、法規制違反によって企業が負債を背負うのを防止することです。しかし、構築が形式的で、システムの実効性が疑われるケースが多く見受けられます。多くの企業が、事故等のリスクを軽視した結果、多額の賠償や社会的信頼の失墜などによって、自ら競争の舞台から脱落していったことを思い起こす必要があります。
また、システムを運用する限り、リスクの管理・低減とともに、組織の本来の目的に活用できなくてはなりません。人材の育成や商品開発、利益の確保に活用するためには、それなりの努力と工夫が必要です。不十分な解釈に基づいてシステムを
構築し、費用や労力を浪費している企業も多く見られます。目にみえる費用は掛かりますが、専門家の活用をお勧めします。特に中小企業では、システムの構築や運用に必要とする費用や手間に見合うだけの経営的メリットを追求したシステムを運用することが必要なのです。
当社では、企業がシステムを効果的に運用するための支援を行っています。

上へ

認証取得の現状

認証取得件数は、2012年6月末現在で19,891件となっています。最近の傾向は認証取得からシステムの運用を効果的に行うことに移行しています。また、道路交通安全マネジメントシステム(RTSMS)や品質マネジメントシステム(QMS)など他マネジメントシステムとの統合化も進んでいます。

上へ

認証取得のしくみ

ISO14001規格には、要求事項が計17の条項にわたって規定されています。認証を取得するには、要求事項すべてを満足させるEMSを構築・運用しなければなりません。その上で、審査登録機関に依頼して審査を受けなければなりません。 認証のための審査は、図2の例に示すように、予備審査と本審査のニ段階で行われます。また、本審査は文書審査と現場審査で構成されます。審査に合格すると、認証が取得できますが、その後も、定期的に維持審査を受けて、EMSを適正に維持・運用していることを証明しなければなりません。

上へ

ホーム