ISO14001セミナー

ISO通信教育講座

講義・講演



ISO14001セミナー

経営者や構築担当者、内部監査員、従業員のそれぞれに合わせて、ISO14001に関する各種セミナー(オンサイト研修含む)を実施します。 経営者には経営的な観点から、構築担当者には軽くて効率的なEMS導入の観点から、内部監査員にはシステムの改善の観点から、また、従業員に対してはいかに運用すべきかといった観点から、システムのあるべき姿を教育します。また、EMS運用開始後のフォローアップ研修も行っております。
いずれかのISO14001セミナーをご希望の及びお問い合わせのある方は、Eメール、電話、もしくはFAXにて、御社名、担当部署名、担当者名、連絡先(電話番号、FAX番号、Eメールアドレス)、業種名、希望コース、希望人数、希望日時をご記入の上、ご連絡下さい。

実施コース(全てオンサイト可)
経営者向けEMS研修
EMS内部監査員養成研修
EMS構築担当者養成研修
従業員向け環境一般研修
EMS運用開始後のフォローアップ研修
上へ


ISO認証取得通信講座


境マネジメントシステム(EMS)のISO14001認証取得を短期間・低価格で実現するカリキュラムです。認証取得目標時期を概ね8ヶ月後に設定することが可能です(但し認証取得を保証するものではありません)。「EMS導入テキスト」を通して学習し、課題に沿ってEMSの実行に必要な文書を作成、提出。豊かな経験と実績を持つCEAR登録主任審査員資格者が、実践的な添削指導・評価をします。また、御社の直面するEMSに関する疑問にも、電話やEメールで随時お答えします(尚、回答に調査を要するものは、別途見積りとなります。
お問い合わせ、お申し込みは
Eメール電話、もしくはFAXにて、御社名、担当部署名、担当者名、連絡先(電話番号、FAX番号、Eメールアドレス)、業種名をご記入の上、ご連絡下さい。

ISO認証取得コース
指導期間 6ヶ月(在籍最大12ヶ月)
習得方法 EMS導入テキストの課題に沿って学習、実際的な文書を提出。CEAR登録主任審査員資格者が添削指導・評価をします
提供資料 ・EMS構導入テキスト ・当社推奨EMS文書一式(環境マニュアル、手順書見本事例、記録様式等)
費用 950,000円(税別)
オプション ご要望により、下記のスポット支援サービスも別途ご利用になれます
・訪問指導 
・模擬審査 
・内部監査への参加
・審査立会い
・環境法規制調査の代行 ・EMS文書の作成代行
・一般従業員向けISO14001研修への講師派遣
上へ


講義・講演

近年、廃棄物の最終処分場の残余容量が減少しており、一般家庭ばかりでなく、企業においても廃棄物が非常に深刻な問題となっています。
当社では、自治体や企業ばかりでなく、大学やNPO等に対しても、環境問題を始め、ISOや廃棄物、土壌汚染などの環境対策に関する講義や講演を通じて問題提起、解決案の提案を行っています。
講義・講演のお申し込み及びお問い合わせは、Eメール、電話、もしくはFAXにてお問い合わせ下さい。
過去の講義・講演テーマ(例)
主催組織
EU化学物質管理規制 民間
産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会「収集・運搬」 日本産業廃棄物処理振興センター
フィリピン・ワンディセミナー 地球環境センター(GEC)
カーボンカウンセラー育成業務 行政機関
主任審査員によるEMSの構築と運用のポイント
大阪市、大阪商工会議所ほか
経営者にとっての環境マネジメントシステム
能美防災株式会社
Environmental Management System for Local Government Administrations
国際協力事業団(JICA)
環境経営
中小企業大学校
廃棄物処理業が置かれている経営環境と経営としての対応
東芝テック株式会社
The Collection and Transportation of Municipal Waste
Asian Institute of Technologyほか
廃棄物処理業の体質改善や環境法規制、廃棄物技術のあり方
都道府県、産業廃棄物協会、一般廃棄物組合、公益法人ほか
産業廃棄物処理業の運営および地域住民との関係
国立公衆衛生院
産業廃棄物処理施設の維持管理の実際
民間
ABBソーシャル・ポリシーに対する日本からの意見聴取のための座談会
ABBジャパン
阪神大震災における廃棄物処理とトイレに関する課題
東京大学ほか
The Toilets after the Kobe Earthquake
香港政庁(WHO)
環境ビジネス・経営管理
公益法人
 
ごみ処理施設の火災と爆発 事故防止対策
厚生大臣認定:産業廃棄物処理業に関する新規及び更新許可講習会
産業廃棄物処理業の経営体質改善
災害と都市公園の在り方
上へ


ホーム